2015年06月06日

ベトナム滞在記~ホーチミンの街編~

こんばんは。

藍樹魅那です。

少し遅くなってしまいましたが

ベトナムとは一体どんなところだったのか

ちょっとずつ皆さんにご紹介していきたいと思います。

飛行機が成田国際空港からタンソンニャット国際空港に

降り立った瞬間着いて早々運河良いんだか悪いんだか

出迎えてくれたのは激しいスコールでした。

img20150524232331050.jpg


激しい雷雨と強風の嵐でしたが入国審査を終えて

空港の外に出たらもう止んでいました。

本当にあっという間に晴れるんですね。びっくりしました。

そしてホーチミンの街に出た途端見たことのない光景が。

img20150524232856646.jpg

img20150524233745898.jpg

img20150524233916648.jpg


これはバイクショップではなくカフェの前です。

こんなに大量のバイクが走っているのは

日本じゃまず見ないですよね。

何が凄いって逆走や信号無視はもう当たり前のようにしてるし

車は車で前の車両をなんとか追い抜かそうと

クラクションを何度も鳴らしたりしていて

四六時中クラクションが鳴っている

というような状況なのです。

img20150525000905019.jpg


前回の記事でも書いた通り高いビルがたくさん建っていて

思っていたよりも発展してる印象が強かったのですが

その一方で道を歩いているとお財布や扇子や宝くじなどを

売り付けてきたりする物売りや靴磨きをしようとブラシを持って

寄ってくる子供達がいたりと貧富の差を感じるような

光景も見られました。

img20150602110324993.jpg


ホテルの従業員や社長が仕事で行かれたテレビ局の方々には

英語は通じましたがタクシーの運転手や

レストランの店員さんなどといった

街の人達の殆どは英語は通じませんでした

ベトナム人で英語を喋れる人はお金があって学校に通えるような

富裕層の人が殆どだそうで、こういう教育の面でも貧富の差が

あるんだなと強く感じました。

img20150602112309351.jpg


このようにベトナムの現実を少し垣間見ることもありましたが

ホーチミンの街はとにかく賑やかで活気溢れる良い町でした。

また出張で行くことになると思いますので

新たな発見があったらご紹介しますね。

さて続きはまた別記事に書きますが

今度は食べ物編ですのでお楽しみに。

それではまた。

posted by オフィスRayスタッフ at 00:00| Comment(0) | 現場リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする