2014年12月29日

今年最後のPA現場は・・・

こんにちは。

お久し振りです。

藍樹魅那です。

今回はコンサートのPAの現場がありましたので

その様子について現場へ行った私が

書いていこうと思います。

今回は12月24日に某教会で行われた。

ゴスペルのコンサートPAの依頼がきましたので

前日の24日に持ち込みの機材を仕込み

25日に本番で終了後すぐにバラして撤収をする

という予定だったのですが主催者側のトラブルにより

本番当日にPAをすることができず

機材を仕込み次の日に撤収をするだけという

残念な結果に終わってしまいました。

悔いは残りましたが社長は「何十年もやってたらこういうことは

何百回もある。」と仰りこう続けました。

「いくら好きなことを仕事にしても仕事となれば嫌な事で

だいたい年に一回か二回くらいしか『やってて良かった』って

思えることがない。だけど、その年に一回か二回の

『やってて良かった!』という喜びがあるだけで、

何十年もこの仕事を続けられるんだ」

喜びは耐えに耐えることで得ることが出来るということです。

長年音楽業界でお仕事をしていらっしゃる社長なので

説得力があります。やっぱり根性は必要なのですね。

私ももっともっと根性つけるために

これからももっともっとお仕事を頑張りたいと思います。

さて当日のPAこそできませんでしたが

それだけがお仕事ではありませんので

せっかく頑張って仕込んだので

その様子を皆さんにお伝えしようと思います。

今回持ち込ませていただいた主な機材はこちら。

img20141229132511079.jpg

img20141229132536754.jpg

img20141229132623020.jpg


電源ドラムを使って電源をとるのですが

その時に2つ重要なポイントがあります。

まず1つ目は。

ガムテープで養生することです。

img20141229132742295.jpg


簡単にコンセントから電源がが抜けないように

写真のように養生します。

以前某ライブで持ち込みのワイヤレス機器の電源をとった時に

養生をしてもらわずにに電源をとったら

何かしらの原因で電源が抜けてしまい

ワイヤレスのマイクが機能しなかった

というトラブルがありましたのでちょっとのことですが

養生することは結構重要な作業なのです。

そしてもう1つ重要なのがこちら。

img20141229132654245.jpg


写真のように電源ドラムのコードを全部引っ張り出して

コイル状に巻かないで置いておくことです。

ドラムに巻き付いているままだったり

コードを綺麗にコイル状に巻いて置いてしまうと

コイルの原理でコードが発熱し

発火してしまう危険性が高まるのです。

そういった事故が起こる可能性があるので

1回コードを全部引っ張り出して

観客席からは見えない位置に落とし込むことができても

「それじゃまだダメだ!やり直せ」と社長に注意され

ちゃんと安全だという状態になるまで何度かやり直しました。

観客、出演者、そして自分達スタッフが

安全にコンサートやイベントを行えるように

入念に確認をしながら仕込まなければなりません。

楽しくコンサートやイベントが出来るように

裏方は魂込めて裏から支えるのです。

そういう見えない所で誇りを持ってステージを支えている姿が

格好良くて憧れるという人も少なくないかもしれませんね。

それから仕込みの日には響希湧海と舞椛遊姫も手伝いに

来てくれました。

最初は社長と湧海と遊姫と私の4人で仕込んでいたのですが

私と湧海はその日の夜に別件の仕事があったので

途中私と湧海だけ早めに切り上げて

残りの仕込みは社長と遊姫の2人でしてくれました。

社長と遊姫でパシャ。

img20141229132818038.jpg


社長とゆ遊姫に本当に感謝です。

本当にありがとうございました。

今年のPA現場のお仕事はこれで最後だったので

少し悔いは残りましたが悔しいからこそ来年は

もっといい仕事が出来るように

来年もまた頑張っていこうと思いますので

どうぞよろしくお願い致します。

それではまた。


posted by オフィスRayスタッフ at 00:00| Comment(3) | 現場リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする