2014年11月06日

壊れちゃダメ

みなさん、こんにちは。

今日もKotoがブログを更新します~。

弊社主催のClover Partyがあさってに迫っているので、

今日から少しずつ当日会場に持って行くものを

準備し始めています。

そして前日の明日にはORMAの音響科の生徒さんにも

手伝っていただいて音響機材の動作確認を行ってから

会場に運ぶ準備をするそうですよ。

この事前の動作確認が非常に大切で、この時点で壊れている

場合は予備の機材を使うこととなります。

また事前の動作確認をしても、会場に運搬するまでに

何故か壊れたり、サウンドチェックの時には大丈夫だったものが

ライヴ本番になってみたら壊れていた、

みたいなこともあるそうです。

このような場合のために会場には予備の機材を

持ち込むのだそうです。

さすがに全て一斉に壊れるということは機材を運搬する

車が事故を起こしたりしない限りはないですからね~。

で、この「壊れる」ことを音響業界では「死んだ」と

言うんですよ。

例えばケーブルが断線して壊れたら「このケーブル死んでる」って

言うんです。

最初聞いた時には「えっ?」って思いましたけれど

今は社長から色々な現場でのお話をお聞きする時でも

ビックリしなくなりました。

でもライヴがある日には聞きたくない言葉ですよね。

機材が壊れちゃったらやっぱりちょっと焦りますもん。

Clover Partyに持って行く物がどれも壊れたりせず

無事にライヴが開催出来ますように。

明日はブログを更新出来るか分かりませんが、

いいライヴに出来るようしっかり準備して

楽しんで演奏して来ます。
posted by オフィスRayスタッフ at 00:00| Comment(2) | 社員 Kotoのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする