2014年06月02日

デシケーター登場

こんにちは~。

Kotoです。

今日は魅那とKotoの2人とも事務所に出勤しています。

先程、魅那と一緒にデジオの収録をしていました。

あっ2人とも出演する方ですよ。

私が使わせてもらったマイクは先日の

ミノケンジ。さんのボーカル録りでも使用した

RODE NT2000でした。

img20140602152246533.jpg


今回は社長はこのように上下を逆にしてセッティング

して下さいました。

前にこのRODE NT2000をご紹介したブログで、

マイクを保管しているデシケーターについてもちらっと

触れましたが、そのデシケーターがこちらです。

img20140602151812134.jpg


光触媒で庫内の湿度を最適に保っていて

写真だとちょっと分かりにくいですが、

右上に湿度が表示されるところがあります。

扉を開けると庫内の湿度がグンと上がってしまうので、

「開閉は素早く」が鉄則です。

マイクの種類は大きくわけてダイナミックマイクと

コンデンサーマイクの2種類があり、

このデシケーターに保管するのは

湿気が大敵なコンデンサーマイクなのだそうです。

ということはデシケーターから出された

RODE NT2000はコンデンサーマイクなのですね。

使用するマイクはこのデシケーターから出してしまうので

使う場所と同じ湿度にさらされてしまうわけですが、

使わない間はこうしてデシケーターで保管することで

大敵である湿気から守っているということです。

使うために所有しているマイクであって

単なるコレクションやお飾りではありませんからね~。

使う出番が来たら湿気が苦手なコンデンサーマイクたちには

頑張ってもらわなければいけませんね。

デシケーターから出される時って「わぁ~選ばれてしまった~」

と思うのかな?

それとも「よし、出番だ」と思うのでしょうか?

私はマイクを触るようなことはありませんが、

使い終わってデシケーターに戻す時には

「お疲れ様」とひとこと声をかけてあげたいなと思いました。
posted by オフィスRayスタッフ at 00:00| Comment(0) | 社員 Kotoのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする