2014年05月29日

ミノケンジ。さんのレコーディング

こんにちは。

今日のブログの更新担当はKotoです~。

みなさんに少しずつこちらのブログを

見ていただけるようになってきて

とても嬉しい今日この頃です。

みなさん、ありがとうございます。

さて、今日は昨日行われましたレコーディングについて

書こうと思います。

先日のライブにいらして下さったミノケンジ。さんの

ボーカルのレコーディングでした。

まず、使用するマイクの選定からスタートして

それからセッティングをします。

ミノさんの声質、歌い方、曲の歌詞に合わせて

社長がマイクを選びます。

マイクは光触媒で湿度を最適に保てるデシケーターという

保管庫に大切に保管されていますよ。

このデシケーターからマイクを出す時に

扉を開けると庫内の湿度が変わってしまうので、

すばやく開閉しなければならないそうです。

デシケーターからお目当てのマイクを出す時には

何だかワインセラーからとっておきのワインを

出すかのような感じで、ワクワク&ドキドキです。

そしてこれは何年物のワインですと言うかのように、

これはどのメーカーの何と言うマイクだよと

社長が仰って、ミノさんと一緒に。

「おぉ~っ」とありがたがりながらマイクを眺めていました。

私はマイクの種類などは分からないのですが、

このデシケーターから出されるところを目にしただけで

ありがたや~という気持ちになってました(笑)

ではその選ばれしマイクをご紹介


img20140528182411872.jpg

RODE NT2000


これは指向性を変えられるそうで、

2人がマイクを挟んで向かい合ってマイクに向けて

出した声を拾うことも出来るのだそうです。

幅広く対応可能なマイクなのですね。

img20140528182407514.jpg


マイクの高さをミノさんに合わせてセッティング。

マイクのセッティングが出来たらレコーディング前の声出し開始。

レコーディングエンジニアを担当する社長は

ここで音の調整を行います。

img20140528182402605.jpg

社長はミノさんが歌っている表情をちらちらと見ながら、

歌いやすそうか、そうではないかを判断して

機材で音を調整していました。

歌い手さん、プレイヤーさんの表情を見るというのは

とても大切なことなのだそうです。

やりづらいと無意識に歌いにくそうな表情をしていたり、

ヘッドホンに手を当てていたりするので

そこを見逃してはならないそうです。

img20140528182356314.jpg


ミノさんが今回歌った曲は、ミノさんのオリジナル曲で

以前からずっと歌っている曲のアレンジを変えた

バージョンのものです。

歌い慣れていらっしゃるので、練習を少ししただけで

すぐにレコーディングに入りましたよ。

ミノさんの喉のコンディションもバッチリで、

さくさくレコーディングが進みました。

全て録り終わってから、通して聴いてチェックを

するのですが、その時のミノさんの笑顔の素敵なこと

普段からにこやかな方なのですが、

もうこの時のこぼれんばかりの笑顔は1日経っても

私の中で輝いています。

集中して行うレコーディングでは私は邪魔になるのに

快く見学させていただいて、最終チェックも一緒に

聴かせていただきました。

素晴らしい歌が録れて、笑顔で「気分上がるわぁ~」と

仰りながら何度も何度も聴いていらっしゃる

ミノさんを見ていて、この仕事というのは

レコーディングにいらした方が笑顔でお帰りになれるように、

歌い手さんやプレイヤーさんのより素晴らしい歌や演奏を

引き出してそれを録るということなのだなと感じました。

ですから、休憩時間を取るタイミングやその時の

ちょっとした会話から何から全てにおいてケアをするのですね。

レコーディング技術があるだけでは出来ない仕事なのだなと

分かりました。

私はレコーディングの技術はありませんが、

その場に居合わせる者として、社長の仕事を

台無しにしないような人でなければと思いました。

歌い手さんやプレイヤーさんの気分を損ねたり、

レコーディングを担当する社長のやろうとしていることを

台無しにするなんてことがあったら

レコーディングはぶち壊しですもんね。

そしてもう1つ、この仕事の最高のご褒美。

それは歌い手さん、プレイヤーさんの笑顔なのだなと。

昨日のミノさんのように、溢れんばかりの笑顔で

お帰りいただけることこそが最高のご褒美です。

ミノさん、見学させていただいてありがとうございました。

ミキシング、マスタリングという作業を経て曲が完成します。

早く完成した曲が聴きたいと思うほどの素晴らしい

レコーディングでした。



posted by オフィスRayスタッフ at 00:00| Comment(0) | 現場リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。