2014年05月19日

ダイヤモンドの針?

こんばんは~。

Kotoです。

今日は出勤日なので、朝から出勤して仕事をしていますよ。

今はオフィスRayミュージックアカデミー(ORMA)

ボーカルトレーニングの生徒さんがいらしています。

そして弊社所属のWaFFlyDaizyのベーシスト響希湧海が

音響を社長から学んでベースのプレイにいかしたい

ということで事務所に来ています。

今、ボーカルトレーニングの生徒さんのレッスンを見学して。

音響を学んでいますよ。

ミュージシャンは自分の歌や楽器のことだけではなく、

音響のこともある程度知っている方が強みになりますから、

湧海も頑張っています。

私も社長から少しずつ音響のことを教えていただいています。

先程はレコードについて教わりました。

レコードのことをよく知らない世代なのですが、

レコードプレーヤーって正式には

アナログターンテーブルって言うのですね。


img20140519182451684.jpg

Technics SL-1200MK3


別売りのカートリッジのボディがセラミック製。

そして針はなんとダイヤモンド製なので、

半永久的に磨耗しないそうですよ。

こちらで実際にレコードをかけていただいて

音を聴かせて下さいました。

レコードの音を聴ける環境は今は少ないと思うので、

とても貴重な体験でした。

こうして少しずつではありますが、音響に関しても

勉強を進めています。

知らないことを知れる喜びを味わいながら毎日仕事をしています。



posted by オフィスRayスタッフ at 00:00| Comment(0) | 社員 Kotoのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。