2014年05月14日

恵まれた環境の中で

みなさん、こんにちは。

Kotoです。

昨夜、WaFFlyDaizy Feat.咲雅広道のスタジオリハーサルがあり、

社長と魅那はそれから別の現場で徹夜での仕事がありました。

スタジオリハーサルは時間も限られていますし、

社長には主に全体を指導していただきます。

やはり、毎回のスタジオリハーサルではバンド全体のことも

私個人のことでも気付くことや、どうしていったらいいのか

アドバイスをいただきたいということが生まれてきます。

こういうことを常に感じながらリハをやるようでなければ

やっている意味をなさないですよね。

前回のライヴと同じWaFFlyDaizy Feat.咲雅広道での出演で、

バンドを構成する人も変わらなければ、やる曲も

大幅に変えるわけではありません。

ですが、社長には前回とはまた違ったプロデュースを

していただいています。

リハの後、社長は夜通しで仕事がある中でも

合間を見て返信出来るから疑問点や気付いたことなど

メールしてきてねと仰ったので、みんなそれぞれにメールを

させていただきました。

私も色々と質問をさせていただきましたが、

的確なアドバイスをいただけました。

ここまでしていたける私たち所属アーティストは

なんて恵まれているのだろうと感じました。

私は社員でもありますから、自分のことだけではなく

他の所属アーティストのケアももっとしていけたらと思います。

まだまだ音楽の経験の乏しい私が出来ることといったら

何か相談事があれば話を聞いたりとそういうことでしょうか。

その辺りも社長にアドバイスをいただいたり、

自分でも考えながら社員としても成長していきたいです。




posted by オフィスRayスタッフ at 00:00| Comment(0) | 社員 Kotoのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。