2014年05月23日

YAMAHA NS-10 STUDIO

こんにちは。

今日も出勤中のKotoがブログを書きます~。

今日はスピーカーについて社長から教わったことを書きますね。


img20140523155913844.jpg

YAMAHA NS-10M STUDIO



このスピーカーはニアフィールドモニターの

基本中の基本のスピーカーで、

プロのレコーディングスタジオならば

世界中のどのスタジオにも必ず置いてあると言っても

過言ではないというほどの定番なのだそうです。

確かに私が行ったことのあるスタジオにも置いてありました。

この写真のものは25年ものだそうです。

社長が若い頃から使っているものですが、

このスピーカの音はあまり好みではないそうです。

音の好みというものは、人それぞれですから

このスピーカーが良くないということではありませんよ。

でも、好きじゃないのになぜ持っているのか

それは音の好みにかかわらず、プロの音響屋ならば

持っていないと笑われちゃうというほどに

基本的なものなのだからだそうです。

たまにテレビでプロのレコーディングスタジオが

映る時がありますが、その時によ~く探してみて下さい。

きっとこのスピーカーがどこかにあるはずですよ~。


posted by オフィスRayスタッフ at 00:00| Comment(0) | 社員 Kotoのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

スケジュール

Kotoです。

みなさん、こんにちは~。

今日は変なお天気ですね。

先程物凄い雨が降って来てビックリしました。

ゴロゴロと雷も鳴っていましたよ。

今はもう晴れていますけどね~。

外出中のみなさんは突然の雨に見舞われて

大変だったのではないかと思います。

社員になって先々のスケジュールを立てていると

梅雨、そして夏がもうすぐだな~って感じます。

もうすぐ6月ですもんね。

1年の半分がもう間近です。

きっとクリスマスやお正月もすぐやってきますよ~。

なんて、スケジュール帳を見ながら思っています。

クリスマスあたりって、イベントが多いじゃないですか。

冬のイベントがあるとすると、大体いつぐらいから

準備をし始めるのか社長にお聞きしたところ

夏あたりから始めるらしいですよ。

わぁ~夏にもう冬のことを考えるんですね。

ファッション業界も音楽業界も季節先取りですね。

私はそんなに前々から準備を始めるような

大きなイベントには出たことがないので

そういうのも所属アーティストのみんなで出来たら

楽しそうだな~なんて考えていました。

このブログを更新したら本日は退勤します。

それでは~。
posted by オフィスRayスタッフ at 00:00| Comment(0) | 社員 Kotoのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

カセットMTRでのミキシング

こんにちは。

今日もKotoがブログの更新を担当します。

昨日のブログにも書きましたが、弊社所属のベーシストで

WaFFlyDaizyのメンバーの響希湧海が一昨日と昨日

音響について社長に教わりに来ていました。

昨日はカセットMTR(カセットマルチトラックレコーダー)を

実際に使っての実習がありました。

湧海と私の他に社員でWaFFlyDaizyのメンバーの藍樹魅那、

WaFFlyDaizyの雷華龍騎がいたので

バンドメンバー全員が実習に参加しました

img20140521155142271.jpg

YAMAHA CMXⅢ


カセット自体を今ではもう使われなくなったので

このレコーダーも残っていて正常に動いていることが

奇跡なのだそうですよ。

今はすっかりデジタルものの時代ですから、

レコーダーもデジタルものを使うのが主流です。

もちろん弊社はデジタルものも所有しています。

ですが、それを使うにはまずは基礎として

カセットMTRでのミキシングを学ぶ必要があるのだそうです。

大切に保管されているカセットMTRを出してきて

ミキシングの実習を行いました。

カセットMTRですから、カセットに録音されている音源を

使うわけですが、なんと社長が高校1年生の頃に

組んでいたバンドのプレイを録音したカセットでした。

社長のドラム、そして他のお仲間のみなさんの

楽器演奏の上手いこと・・・

25年も前のカセットが今も聴けること、

そして当時のバンドマンのレベルの高さに驚きました。

今ではたくさんのトラック数のあるレコーダーを使いますが、

当時は4トラックでした。

「制約の多い中でいかに曲を制作していくか

当時は頭をひねりながら機材を使い倒したものだ」と

社長は仰っていました。

昨日の実習はすでに録音されたものの

音のバランスを取る実習だったので、湧海が

それに挑戦して、他のみんなは見学していました。

img20140521155116739.jpg


音は聴くものですが、それだけではなくて

前後の奥行や左右のバランスを見るものだと教わりました。

たった4トラックでの音のバランスが取れなくて

もっと多くのトラックを使っての

ミキシングが出来るわけがありませんよね。

このように意識して耳で聴く訓練を積み重ねることが

自分たちのバンド活動の中でもいきてくるのですね。

まだまだ勉強を始めたばかりですが、

音響について学ぶことの重要性をすでに感じています。

きっと他のみんなも同じように思ったと思います。

またこのような実習をしていただけるようなので、

とても楽しみです。
posted by オフィスRayスタッフ at 00:00| Comment(0) | 社員 Kotoのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。